美白になる方法

美白ハイドロキノン

美白ハイドロキノン

美白クリームと言えば海外ではハイドロキノンと言われるほど良く知られて美白成分で、多くの海外のセレブなどが使用しています。

 

日本では、ハイドロキノンに似た分子構造のハイドロキノンベンジルエーテルと言う成分を使用したひとに白斑が出る事故が多発して、ハイドロキノンも同様に使用してはいけない成分として利用制限が掛けられていました。

 

ですが、その後ハイドロキノンとハイドロキノンベンジルエーテルとは名前は似ているが、全く違うものである事が分かり、皮膚科で使用が始まりました。

 

その後2001年の薬事法の規制緩和によって低用量のハイドロキノンを化粧品に使用していい事になっています。

 

日本ではまだなじみの無いハイドロキノンですが、その美白効果は抜群で、皮膚の漂白剤と言われています。

 

ハイドロキノンには強い還元作用があり、出来てしまったシミや肝斑などによく効いて色素自体を漂白する作用があります。

 

又、ハイドロキノンにはメラニン色素を作るメラノサイトと言う細胞の動きを抑制して、メラニンを作らない様にします。

 

通常は、日焼けするとメラノサイトが皮膚を紫外線から防止するためにメラニン色素を盛んに作ります。

 

その後作られたメラニン色素は肌のターンオーバーで自然に無くなり元の綺麗な肌に戻るのですが、紫外線の長い間皮膚をされしていると、メラノサイトが常にメラニン色素を作るようになり、シミが消えなくなってしまいます。

 

ハイドロキノンは、そのメラノサイトの異常を抑制して、更に出来てしまったシミを漂白する作用がありますので、強い美白作用があります。

 

美白になる方法

 

ハイドロキノンクリームは濃度が1%〜5%ぐらいのものが発売されています。

 

濃度が多い方が効果があると思いがちですが、その人の肌の状態によって合った濃度のハイドロキノンを使用する事が最も効果が高いとされています。

 

ハイドロキノンクリームの使用方法は、良く洗顔後気になる部分にポイント的に付ける様にします。

 

ハイドロキノンを使用中は、肌が紫外線にとても弱い状況になっていますので、昼間は使用せず夜寝ている間に効果が出るように使用しましょう。

 

ハイドロキノンは強い成分ですので、使用前にパッチテストをして問題が無いことを良く確認してから使用するようにしましょう。

 

ハイドロキノンを使用後肌のターンオーバーが終わる4週間後ぐらいに効果を確認する事ができるようになります。

 

使用した次の日にすぐに効果が出るわけではありません。

 

現在、最も安全で効果が高いと言われているハイドロキノンは4%です。

 

気になる部分に夜洗顔後にポイント使用して下さい。大きく広げて使用するクリームではありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ