美白になる方法

ルミキシル

ルミキシル

ルミキシルはハイドロキノンよりも17倍の有効性を持った美白クリームになります。

 

シミくすみの治療では、ハイドロキノンとトレチノインの併用が最も有効な方法として今でも美容クリニックではよく使われます。
ですが、最近になりルミキシルが効果が高い事からよく使用されるようになりました。

 

ハイドロキノンでは、使用方法を間違えると白く色抜けする事があるのですが、ルミキシルにはそのような心配がありません。

 

又全般的に美白用のクリームは肌に刺激があり、ぴりぴりと感じる人が多いのですが、ルミキシルではそのような肌に対する刺激感が全くありませんので、その点でも肌の弱い方には朗報です。

 

ルミキシルは低刺激で美白効果の高い次世代の美白クリームになります。

 

ハイドロキノンとルミキシルの効果を実際の数字で見てみますと、皮膚のメラニン生成を引き起こす酵素であるチロシナーゼの阻害効果で見ますと、ルミキシルは86%の効果があり、ハイドロキノンの17倍の美白効果があります。

 

メラニン色素の抑制効果では、ハイドロキノンが6%の効果に対してルミキシルは40%の効果があります。

 

ハイドロキノンは使用方法を間違わなければ、かなり美白には有効なのですが、肌のターンオーバーを促進する効果がありますので、どうしてもピリピリ感があり顔全体に使用する事はできません。

 

一方、ルミキシルはそのような激しい効果が出てきませんので、顔全体に使用しても安全に使えます。

 

ルミキシルの使用方法は、朝晩よく洗顔後に手に豆粒ぐらいの大きさを取って顔全体に塗りましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ