美白になる方法

美白になる方法/お肌の状態に合わせて使い分けが重要です

美白になるとは

日本人にとって美白になるとはどのような意味を言っているのでしょう。

 

人の肌の色は赤道に近い人程色が黒くなり、遠くなる程白くなっていきます。

 

これはその地域の紫外線の強さから皮膚を守るために自然が作った皮膚の色です。

 

一般的に日本人などアジア系の人の皮膚の色は黄色と言われています。

 

ですので、基本的に日本人は真っ白な肌になる事はできません。

 

ヒトの肌の色

 

美白と言う言葉が日本で流行り始めたのは、鈴木その子さんが言い始めたころからになります。

 

それまでに日本では、美白と言う言葉はあまり使用されていませんでした。

 

その後、美白になりたい女性が増えて、各化粧品メーカーでも美白を意識した商品が発売されるようになりました。

 

その中でも最近話題になったのは、カネボウ化粧品の医薬部外品有効成分ロドデノール使った化粧品を使用した女性の間で、皮膚に白い斑点が出来てしまうなど大きな問題になりました。

 

その後、カネボウ化粧品では全てのこれに関連した商品の回収となりました。

 

基本的に日本人はどんなに努力をしても白い肌にはなりません。出来過ぎたメラニン色素除去して、更にメラニンの生成を抑制しても綺麗な黄色になるだけです。

 

日本人が美白になろうと、メラニン色素をコントロールしても、白人と並んだら黄色でしかありません。

 

美白になる方法

 

もちろんファンデーションなどの利用によって白に近い黄色に変化させる事はできますが、真っ白な肌には決してなりません。

 

日本人の美白は、最大限メラニンの生成を抑えて、出来てしまったメラニンを除去して真っ白ではありませんが、シミなどの無い状態に近づけて綺麗な透き通った黄色を作る事になります。

 

当然、日本人同士の間で見れば、このような方は白く見えるのです。

 

シミを作らない方法は、日焼けクリームを利用したり日傘や手袋などを利用する事でかなり防ぐ事ができますが、出来てしまったメラニン色素のシミなどは、肌のターンオーバーを利用する事になります。

 

美白の基本は、クリームなど利用して皮膚が再生される時に一緒にシミを外に出してしまうか、レーザーなどを利用して焼く事で強制的に肌のターンオーバーをさせる事でシミを消すなどがあります。

 

最近のシミを取る事が出来る薬はかなり発達していて、人工的に軽い日焼けのような状態を作ってターンオーバーを促進してシミなどを除去する事ができまでになっています。

 

このできてしまったシミを取る作業は、肌に合わせて微妙に調整しながらクリームを選んだり、レーザーの種類を選んだりと簡単にどんなシミも取ってくれる便利な方法はありません。

 

この肌のターンオーバーを利用した美白は、一番の基本になりますので注意深く丁寧にする必要があります。

 

自分の肌に合っていない強いものを利用すると、返ってシミを増やしてしまう事にもなりますので、十分な注意が必要です。

 

何かクリームを使用するときなどは、手などでパッチテストをして、安全と分かってから顔などに使用する事が賢明です。

美白になる方法

美白になる方法にはいろんな方法があります。

 

かなり大ざっぱに分けますと、メラニン色素の状態で2つのタイプに分ける事ができます。

 

・すでにシミやそばかす、日焼けなどで皮膚の防衛反応であるメラニン色素が沈着してしまっていて、そのすでにできてしまったメラニン色素をいかにして皮膚から取り除くか。

 

・次に必要な事は、いかにして皮膚にメラニン色素の沈着を防いでいくか。

 

つまり、出来てしまったメラニン色素をいかに取り除くか、これから出来るだろうメラニン色素をいかに作らないかの2点になります。

 

美白の基本はこのメラニン色素をいかに上手にコントロールできるかが重要なカギになっています。

 

この2つの方法も治療法は更に肌の状態に合わせて細かく分類されています。

 

その肌の状態に合わせた方法で治していきませんと、返って状況を悪化させる原因にもなりますので、注意して下さい。

 

美白の最も使用頻度の高いものと言えば、日焼け止めがあります。

 

日焼け止めは美白には欠かせない商品で、どなたでも必ず夏になると使用しているでしょう。

 

最近テレビで日焼け止めに関しての放送をしていて、その中で紹介された日焼け止めの使用方法は多分皆さん間違って使用しているだろう方法を解説していました。

 

みなさん日焼け止めをどのように使用していますか?

 

多分多くの方が、皮膚にチューブから出した日焼け止めを付けてそのまま指で広げて、皮膚に浸透するようにしっかりと塗り込んでいるのではないでしょうか?

 

皮膚に浸透すれば、効き目がいいだろうと思って!

 

実はこれが大きな間違いだったのです。

 

日焼け止めは塗り込んだりすると効果が半減してしまいます。正しい使用方法は、皮膚に部分的に日焼け止めを付けたら、軽くパットなどで叩くようにして広げて行く事が重要です。

 

この方法ですと皮膚の上に均一に日焼け止めの膜ができて最大限の効果を発揮するそうです。

 

塗り込んでしまいますと、肌の凹凸に合わせて均一の膜が出来なくなり、薄く付いている部分は日焼けをしてしまうのです。

 

日焼け止めを塗ると言うよりも、置いていく感覚で使用するようにしましょう。

 

日焼け止めの塗り方

 

上の写真のように塗り込むのと置いていくのでは、かなりの違いがある事が分かります。

 

クリームを置く部分も細かく分けて置いて行くことで更に均一が膜ができるようになります。

 

日焼けクリームの置き方

 

日焼け止めは、軽くたたいて置いていくことで皮膚に均等な薄い膜ができて、最大限の効果を発揮します。

 

美白になる方法の基本は日焼けから肌を守る事が一番大切ですので、今まで間違えた方法を日焼け止めを使用していた人は、これを参考に次からは間違えた方法で使用しないようにしましょう!

美白になる食物

美白になると言いますと、皆さんクリームやレーザーなどでシミを取って、後は日焼けしないようにする事をすぐに考えると思います。

 

もちろんそのことは重要ですが、それだけではありません。

 

人間の体はおよそ3ヶ月で、全ての細胞が入れ替わると言われています。

 

言い換えますと、3か月後の自分と今の自分は全く違う細胞で出来ているのです。

 

その細胞はどのようにして出来るかと言いますと、毎日食べる食品によってできています。

 

英語に、「you are what you eat」と言ういい方があります。君は君が食べているものから出来上がっているんだよと言う意味です。

 

ですので、毎日食べる食品も美白を気にしながら束る事でかなり美白には影響があります。

 

美白の食べ物といいますと、レモンと考える人が多いと思います。確かにビタミンCは皮膚のメラニンを抑制して美白効果があります。

 

ですが、ビタミンCがいいからと毎日たくさんのビタミンCを摂取しても意味がありません。

 

と言うのは、ビタミンCは水溶性のビタミンで、ある一定量以上は体から尿となって全て出てしまいます。

 

ですので、良く一日に必要な量を見ながら取り過ぎには注意をしましょう。お金が掛かるだけで全て、排出されてしまいます。

 

ビタミンCと言いますとレモンが有名ですが、肌に良いからとレモンスライスを顔にパックして日光浴をしていると、レモンの中のソラニンと言う成分が紫外線の感受性を高めてしまいかえって日焼けをしえしまいます。

 

このように間違えて使用しますと返って逆効果になる事もありますので、注意しましょう。

 

とにかく、食べもので体の内側から、クリームなどで体の外側から美白を心掛ける事で、より美白に近づく事ができます。

 

アミノ酸
今話題のプルプル成分コラーゲンを作る元になります。この成分が赤ちゃんのようなぷるるん肌を作ってくれます。
美白には必須の成分です。

 

ビタミンA(βカロチン)
皮膚のシミなどの原因は酸化が原因といわれています。人も鉄と同じように錆びていくのです。
抗酸化作用があり、皮膚や粘膜を作るのに必要な成分で、これが足りませんと肌荒れの原因になります。

 

ビタミンB
特にビタミンB2とビタミンB6が肌に関係したビタミンになります。消化器に影響がある人がいますので注意して下さい。

 

ビタミンC
美白と言えばこのビタミンCです。抗酸化作用があり肌のメラニン色素を漂白してくれます。
ビタミンCは食物からですとなかなかとりにくいビタミンですので、サプリメントなどで取る事が簡単ですので積極的に使用して下さい。

 

ビタミンE
以外と知られていませんが、実はとても抗酸化作用が強く、ビタミンAやCと一緒に取る事で効果が倍増されます。
忘れずに取るようにしましょう。

シミの種類

美白と言いますと一番初めに気になるのが、顔のシミです。

 

腕や足のシミよりもやはり一番初めに美白したいのは顔ですよね!

 

どなたにも必ず少しはシミを持っているものです。そのシミをどのようにして落とすかが大きな課題になります。

 

シミはその種類によって、方法が違いますので簡単にどのシミも同じ方法で落とす事が出来るわけではありません。

 

シミを落とす方法は大きく分けて、クリームで落とす方法とレーザーなどで焼いて落とす方法の2つになります。

 

この2つの方法は更に細分化されていますので、良く調べてから対応しましょう。

 

老人性色素斑

 

シミのほとんどがこのタイプで、青年の頃に黒い肌にあこがれて、日焼けをした結果年を取ってからその部分がシミになる場合です。

 

どなたの心当たりがある人が多いと思います。

 

この手のタイプのシミには美白化粧品が効果がありますので、使用してみましょう。

 

炎症性色素沈着

 

これも良くあるシミです。

 

ニキビやできものが皮膚にできた跡、その部分にメラニン色素が沈着してシミになるタイプです。

 

このシミの場合には、メラニン色素が皮膚のどのぐらい深い場所で沈着している方問題になります。

 

比較的浅い部分でしたら、ピーリング剤などで落とす事ができますが、深い部分になりますとレーザー治療が有効になります。

 

ソバカス

 

そばかすは皮膚の白い白人に多くいますが、日本人にもそばかすがある人がいます。

 

そばかすは遺伝的にシミになりやすい皮膚を持っている人になりますので、美白化粧品で一旦治ったとしても、再度そばかすが発生してしまう事が多い様です。

 

そばかすは体質になりますので、治すと考えるより上手に見せてチャームポイントにしましょう。

 

脂漏性角化症

 

年を取ってきますと、意味も無く何となく皮膚が盛り上がってその部分が黒くなる場合があります。

 

この手のシミには美白化粧品は全く効果がありませんので、早いうちにレーザーで焼きとってしまいましょう。

 

肝斑

 

目の下などに薄く出来てくるシミです。皮膚の表面にできるシミですので、美白化粧品がよく効いて、ほとんどの場合美白になります。

美白サプリの効果

美白サプリと言う薬ではない、ドラッグストアーでも簡単に購入できるサプリメントが巷ではたくさん販売されています。

 

では、実際にこれらのサプリは効果があるのでしょうか?

 

答えは残念ながらNOです。

 

サプリメントですと、薬効成分がどうしても限られた量以上に入れる事ができません。

 

もし薬と同じような成分だとしたら、薬事法違反で捕まってしまいます。

 

ですので、サプリが使用できる美白成分には、限界があります。

 

そのため、美白に効きそうな成分を少量づつ入れて、美白サプリとして販売しているものがほとんどです。

 

どんなにいい成分が入っていたとしても、薬ななるだけの成分の量は必然的に入れる事ができません。

 

でも、それらのサプリはかなりお安い値段で購入する事ができますので、お金の無い方にとっては、飲まないよりは飲んだ法が多少いいぐらいの気分で使用しましょう。

 

たまにサプリの中には異常に高い値段で販売されているものがありますが、それらの成分はほとんどが医学的に美白効果を証明さえていない、怪しい成分になります。
漢方や昔から人に伝えられた、民間療法をそのままサプリに入れ込んだものもたくさん販売されています。

 

サプリは所詮、補給するためのものであって、決して治療してくれるものではありません。

 

ですので、これを飲んだら美白作用があると言うような効能書きが合った場合には、即薬事法違反で捕まります。

 

実際、いかさまサプリをあたかも効果があるがごとく宣伝して高額で販売したために警察に捕まる会社は毎年後を絶ちません。

 

サプリはあくまでも、何となく気まぐれ程度に思って使用しましょう。

肌のターンオーバー

人の肌は、およそ28日周期で生まれ変わっています。

 

この周期を肌のターンオーバーと言っています。この周期が乱れる事で肌に問題が起きてしまいます。

 

通常は真皮から肌の元になる細胞が14日ぐらいかけて生まれ、その後細胞は角質に変化して14日程肌のバリアとして働き、垢となって皮膚から剥がれて行きます。

 

肌のターンオーバー

 

ターンオーバーの機能がしっかりと働いていればメラニンなどの色素が沈着した肌も時間と共に新しい肌に変わって綺麗な肌に戻ります。

 

この肌のターンオーバーに異常が生じますとトラブルが発生してきます。

 

美白に関して良くある間違いに、顔の洗い過ぎがあります。

 

お肌の荒れがありますと、皮質が出て何となくさっぱりしないので何回も洗顔フォームを使用して顔を丁寧に洗う人が多いと思います。

 

過度な洗顔は肌を守る角質層を無理やり剥がしてしまいますので、まだ角質層に変化する用意の出来ていない細胞が皮膚の表面に出てきてしまい。

 

洗った直後は綺麗でも、未熟な角質層はうるおいを無くしたカサカサ肌になってしまいます。

 

人間の肌には自分で治すと言う機能が付いていますので、その機能を使えなくしてしまうのです。

 

肌荒れが酷い時には、顔は水洗いぐらいで表面の汚れを落とす程度にしておきましょう。

 

そうすれば、14日経った細胞が荒れた角質層が剥がれたあと、綺麗な肌に戻してくれます。

 

このように無理矢理荒れた角質を取る事をしてしまうと、肌のターンオーバーが早くなってしまいます。

 

それは、まだ角質として肌のバリア機能を完全に持っていない細胞を表面に出す事で、一向に肌荒れは改善されません。

 

もちろん全く洗顔をさぼるのはもっと良くありません。いらなくなった角質層が剥がれないために新しい角質層が効果を出す事ができません。

 

また、肌のターンオーバーを乱すものとして生活習慣があります。

 

寝不足や飲み過ぎ、などは肌を痛める原因となってしまいます。

 

肌のターンオーバーは寝ている間の午後10時〜2時ぐらいが起きやすいと言われています。ですのでこの時間に無理をして起きていますと肌のターンオーバーが上手くできません。

 

アルコールは、利尿作用があって体から多くの水分を無くしてしまいます。人の体は体重の65%は水で出来ていますのでその水が不足しますと当然肌の水不足になりカサカサ肌を作る原因になってしまいます。

 

適切な洗顔と肌に優しい生活習慣を心掛けるだけで肌は自然治癒力でかなり改善されます。

美白ニュース

ホーム RSS購読 サイトマップ